お口のサインとケア

お口のサインとケア

食生活、運動、睡眠、生活環境などのバランスは、口内環境に現れるなどとも専門家たちに言われているようです。喫煙者とそうでない人の口内環境には大きな違いがあるでしょうし、お薬を飲んでる人、そうでない人によってもあらゆる変化がみられるようです。お年寄りの口内環境に多い症状の中で、滑舌が悪い、口内が乾燥しているなどがあげられますが、どちらも食事の際の誤嚥につながりやすい症状ですので常日頃からお口の中の状態を確認しておりた方がよいです。老人介護福祉施設などでは、「口腔ケア」などと呼ばれ、一定の決められた時間帯にヘルパーさんたちが寄り添いながらケアを行っている風景などは随所にみられるはずです。高齢者にとっての口腔ケアは、寿命をのばす働きがあるとも考えられているようです。お口の中のトラブルによって食欲が低下することは、食事の量が減らしてしまい体力を維持するための栄養が十分に摂取できないこともつながりかねないからです。高齢者にとって、毎日のお食事管理は大変重要な健康管理の一部であります。長生きのためには、口腔ケアをすることが一番であるなどと専門家たちは語っています。いくつになっても口腔ケアは大切なことでありますが、特に60歳前後の方々には、口内環境の変化に気をつけていただきたいと多くの歯科医たちも語っているようです。お口の環境が乱れることは、全身の他の病気のサインであるかもしれないとの懸念もあるようです。